煩わしい髭剃りからの解放!脱毛器という選択

2020-03-11

男性の脱毛が当たり前になってきているとは言っても、髭の脱毛をしている男性はまだ多数派ではありません。男性によるムダ毛処理が当たり前になる以前から、男性が処理してもおかしいと思われない数少ないムダ毛が、髭ではないでしょうか。

つまり、髭こそ、男性が行う脱毛の中でも比較的ハードルの低い部位だといえるはずです。そこでここからは、脱毛器による髭の処理について紹介していきます。

髭脱毛で肌トラブルから卒業

毎朝の髭剃りを面倒に感じる人は、少なくないのではないでしょうか。しっかり剃っても、夕方には伸びてくる髭を厄介に思う人もいるはずです。また、しっかり剃れば剃るほど、肌への負担は大きくなり、剃刀負けや、赤く荒れた肌になってしまうなど、肌トラブルを経験したことのある人は多いのではないでしょうか。

また、髭は、一般的に体毛の中でも太く硬い毛であることが多いため、日々の髭剃りによる肌への負担により、埋没毛が引き起こされる可能性も高くなります。恐らく、それほど少なくない人が、髭による埋没毛や、それに伴う炎症、ニキビなどに悩まされた経験があるのではないでしょうか。

そうした肌トラブルがあっても、髭を剃らずに出勤や通学をするわけにはいかないという人も多いはずですし、そういう人は、肌トラブルのある状態で、さらに髭を剃らざるを得ません。そこで、そうした煩わしさを解決してくれるのが脱毛器です。

髭を脱毛してしまえば、毎日の髭剃りで肌を傷つけることもありませんし、また、朝の貴重な時間を、髭剃りに割かなくても良くなるのは、大きなメリットだと言えます。髭剃りは、身支度の中でも意外と時間を費やしますので、その時間が浮くのは、特に髭が濃い人にとっては嬉しいはずです。

見た目が気になる青髭を解決

きれいに髭を剃っても残ってしまう青髭を、どうにか解決したいと思ったことのある人は多いのではないでしょうか。青い髭が泥棒みたいだなどと鏡を見ながら思ったら、憂鬱になってしまいますよね。特に、髭の濃い人や、肌の白い人は青髭が目立ってしまう傾向があります。

そうした人は、清潔感を損なってしまうなど、自分だけの問題ではなく、他人からどう見られるかといった印象に影響を与えてしまうことが悩ましさの1つとも言えます。この青髭の改善にも、脱毛器は効果を発揮します。髭を脱毛してしまえば、当然、青髭になる要素である髭がなくなるので、青髭は改善されますが、ここでポイントになるのが、青髭は完全に脱毛し切ってしまわなくても、改善されることが大いにあるということです。

髭の脱毛に使われる脱毛器は主に光脱毛によるものが多いため、1度で髭をすべて抜き去ってしまうというわけではありません。つまり、何回か繰り返される脱毛作業のうちに、徐々に髭が薄くなっていきます。そのため、髭が薄くなることで青髭が改善されてきたとわかれば、そこで脱毛を一旦終わらせてしまうことも可能なのです。

そうすることで、髭の脱毛はしたいけれど、脱毛を終えてから髭を生やしたくなったらどうしよう、という不安を持っている人も気兼ねなく脱毛ができるのではないでしょうか。

フラッシュ式による脱毛器

光脱毛の1つであるフラッシュ脱毛は、毛に光を当てることで、毛根に作用し、毛を生えにくくする仕組みです。こちらは、後述するもう1つの光脱毛である、レーザー式の脱毛器よりも、脱毛時の痛みが少ないことが特徴です。

そのため、脱毛初心者や、痛みが気になる人に適した方法であると言えます。また、フラッシュ式は、光の照射範囲が広いことも特徴の1つであり、そのため、少ない照射回数で脱毛を終えられることから、1回の脱毛時間の短縮につながります。

レーザー式による脱毛器

次に、光脱毛であっても、フラッシュ式ではない、レーザー式の脱毛についてです。レーザー式は、光を毛に当て、毛乳頭に作用し強力に脱毛する仕組みですので、フラッシュ式よりも一般的に効果が高いと言われています。

そのため、脱毛の効果が出始めるまでや、脱毛が完了するまでの時間が短くて済むメリットがあります。しかし、その分、痛みはフラッシュ式のものと比べて強く、また、照射範囲が比較的狭いため、照射回数は自ずと増えてしまいます。

ただ、脱毛の成果に対する満足度は高い脱毛方法だと言えるでしょう。

脱毛器の選び方

フラッシュ式、レーザー式の脱毛器はともに様々なメーカーから売り出されています。

そのため、値段も1万円台のものから10万円近くするものまで幅広く、その選択肢は多いと言えます。

値段の違いは一概には言えませんが、しかし、その機能や性能の差が大きく影響してくることはあるようです。例えば、照射レベルを細かく切り替えられたり、連続での照射が可能であったりする脱毛器は、比較的高額であることが多いです。

値段だけではなく、そうした機能の差を購入前に知っておくことは、その後の使いやすさに直結するため、とても大切なことです。さらに大切なのが、顔への使用が可能かどうかです。髭の脱毛をしたくても、顔への使用が推奨されていない脱毛器の使用は絶対に避けるべきです。

せっかく購入しても、髭に使えない、ということにならないためにも、きちんとした確認が必要です。また、髭に使える脱毛器でも、最初は弱いレベルから、徐々にレベルを上げていけると、初めての使用の際は安心です。脱毛後には、脱毛箇所を冷やすことがアフターケアとして効果的ですが、一方で、脱毛器にその機能が備わっているものもあります。

そうした脱毛器を選べば、さらに処理が楽になると言えます。一般的に、脱毛器の利用は専門のサロンやクリニックに行くよりも、費用が安く済むことも魅力ですが、脱毛器にもランニングコストがかかる場合があります。光脱毛器の光を照射する部品には、照射可能回数があり、その回数に達した場合、部品の交換が必要になります。

また、脱毛器の中には、この部品が交換可能ではないものもあるため、その場合には、脱毛器は使い捨てとなり、買い替えの必要が出てきます。そのため、購入する脱毛器が交換タイプなのか使い捨てタイプなのかを、購入前に確認しておくのが良いでしょう。

髭脱毛をするにはどれくらいの費用が掛かるのか

髭が気になるなら脱毛しよう!

髭の脱毛は、様々な煩わしさを解消してくれるだけでなく、清潔感といった印象アップにもつながると言えます。毎日の髭剃りにストレスを感じている人はもちろん、脱毛に興味があっても、髭をツルツルにしてしまうことに抵抗がある人も、脱毛器による髭脱毛は大いに有効です。

これからは、悩める髭をきれいに脱毛し、朝の貴重な時間を無駄にせず、自信を持った明るい心で家を出ましょう。

関連リンク|メンズ脱毛専門店(ひげ・VIO・ブラジリアン)名古屋駅徒歩3分 | HAloss(ハロス)